花火キャンパー ときどき花火を上げます。これぞ、という花火を見に行きます。休日は車で寝泊りすること多し。

はなびろぐ





にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
最近の記事
キャンピングカーショ…
02/13 10:25
ふらっと富津岬
12/27 07:15
九十九里ツアー
11/16 01:45
キャンピングトレーラ…
11/08 00:17
熱海ツアー 初めての…
10/02 12:37
ホモ・モーベンス ~…
09/19 17:05
ガスボンベ、点検、補…
08/12 14:20
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 01:37
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:29
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:42
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 12:08
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 12:07
最近のトラックバック
【観覧ツアー】素晴ら…
08/04 02:59

水で走る自動車(ニュース)

テレビ東京で先週取り上げられていたニュース。

ホントだったらすごい!
が、ホントかなぁ??、と疑問を感じます。

「水1リットルで1時間走り、80kmhのスピードが出る」=80km/l !!

これが実用化レベルだとしたら自動車メーカーはだまって無いでしょう!
メーカーがこぞって燃料電池やバッテリーに巨大な開発費を投じているのに、ベンチャーが触媒一つで解決してしまうなんてあるのだろうか?

「ぜひ電気自動車の充電に使って欲しい」という言い方からすると、水素発生から発電までの効率が車走行するまでは無く、長時間かけて二次電池にため込む仕組みなんでしょうけど。。

大阪のベンチャー企業がきょう発表したこの車。ガソリンではなく、水をエネルギーに走る、究極のエコカーです。

この車の正体は電気自動車。搭載された特殊な装置に水を注入すると電気に変換され、車が走る仕組みです。

装置の要となる、”ウォーターエネルギーシステム”。水から水素を取り出し、その水素から電子を放出して発電します。これまで実験レベルのものはありましたが、今回の製品で実用に耐えるレベルまで高めました。

「反応を制御して、水素を安定供給させるのが難しかった」(平澤潔 社長/ジェネパックス)

もちろんCO2の排出はゼロ。水1リットルでおよそ1時間走れ、時速80キロまで出すことができます。環境意識の高まりや原油高騰を追い風にして、現在、自動車メーカーなどの協力を募っています。

「電気自動車は充電が必要なので、充電装置として搭載してほしい」(平澤潔 社長/ジェネパックス)

© TV TOKYO

つれづれ | 投稿者 雷 01:08 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2008年 6月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホビダス[趣味の総合サイト]