花火キャンパー ときどき花火を上げます。これぞ、という花火を見に行きます。休日は車で寝泊りすること多し。

はなびろぐ





にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
最近の記事
キャンピングカーショ…
02/13 10:25
ふらっと富津岬
12/27 07:15
九十九里ツアー
11/16 01:45
キャンピングトレーラ…
11/08 00:17
熱海ツアー 初めての…
10/02 12:37
ホモ・モーベンス ~…
09/19 17:05
ガスボンベ、点検、補…
08/12 14:20
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 01:37
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:29
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:42
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 12:08
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 12:07
最近のトラックバック
【観覧ツアー】素晴ら…
08/04 02:59

車検完了 ナビ故障

車検はギリギリになって近所の行きつけの工場に持ち込んで、無事完了。
ブレーキのオイル漏れがあったこともあり、普通車の倍くらいの金額が辛いところ。。
でも、オイル漏れとか知ると、儀式的な普通車の車検に比べて本当に2年ごとくらいにはやる必要性は感じるな。

で、車を引き取ったらナビのモニターが開かなくなってた。
即日車検屋さんに修理を依頼。状況からすると先方の瑕疵になるはずと思ってるけど、お互い証拠がないだけに揉めそうかなあ。

天気がいいので早速ナビ無しの車で出かけたけど、地図無し音無しって不安で淋しいもんだ。
さらにバックモニターも見えないし。
せっかくの連休だけど遠出する気分にもならず。

それにしても年に何度とないような行楽日和、いまからでもどっか行くかな
改造・メンテ | 投稿者 雷 12:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

LPガスボンベ増設

ガス充填の場所が遠くて平日しか対応できないこともあり、先日LPガスボンベを増設しました。

自動切り替え機も考えたのですが、切り替え頻度も少ないし、1本目が切れたことがわかれば知らぬ間に2本とも無くなっていた、なんて自体も避けられると考えてとりあえず自分で付け替えすることにしました。
手前側のボンベホルダーが破損しているので、修理しないといけないな。



改造・メンテ | 投稿者 雷 18:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

サイクルキャリア交換

先日のお台場キャンピングカーショーのとき、自転車を積んだ状態で停めていたのですが、他の車がバックした際にサイクルキャリアにぶつかってしまいました。

この週末無事交換(先方保険にて)してきました。

【Before】綺麗な平行四辺形。パッと見壊れたようには見えないかも(笑


【After】同じOmniですが、新型なので自転車の車輪用のガイドの構造が変わっています。
バンテックの方には、「旧型の方が安定感高そうなので、ガイドだけ付け替えましょうか?」とも聞かれました。(そうはしませんでしたが)


ガイドだけ持って帰れば良かったかな。(無意味なガラクタ集めになるに違いないが。。)
改造・メンテ | 投稿者 雷 22:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

清・排水バルブ交換

うちのキャンカーには、水タンクとして、80リットルの生活用清水タンクと、16リットルの飲料水タンク、予備用の20リットルタンク、そして排水用の80リットルタンクがあります。

土曜に、メイン清水タンクの車外用コックを追加し、壊れた排水用バルブのハンドルを交換してみた。

清水用バルブ:材料費千円弱。

うち、右下のパイプホルダーとJointはサイズが合わず不使用。

初期状態は、清水タンクから真下に流し捨て。
清水タンク内の栓を開け閉めしないといけないのでとても面倒だし、九州ツアー時に連れがバルブを付けているのを見て参考にしてみた。


上記パイプに、家庭用ホースがぴったりはまったので、Jointを使わず、コーキングだけしてねじ込んでみた。
そこからエアコン用排水パイプの穴を通じて給油口側のハッチ裏にホースを回してコックを取り付け。
ハッチの正面に化粧板があったので、30mmの座繰りカッターで穴開けし、金ノコで横側にU字に広げ正面にコックを出しました。
コックの固定は家に余っていたインシュロック用の平面接着台座を流用。


↑最小限の加工でなんとかぴったり収まった図。

車体下に少しだけはみ出す感じで延長用ホースをつなげてみた。
車外でちょっとしたときに水を使えるように。

冬場は水抜きしておかないと車外ホース内の水が凍っちゃうな。

で、排水バルブ用ハンドルは、標準のものがプラスチックで、劣化して割れてしまったため金属製のものを発注。


プラスチックハンドルの残りを取り除くのに手間取りましたが、何とか交換完了。

改造・メンテ | 投稿者 雷 20:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

冷蔵庫修理>VANTECH入り

冷蔵庫が冷えない問題解決のため、本日VANTECHにドックインしました。

新座のVANTECHまでは1時間弱。
途中昼飯に近くの平林寺前、手延べうどん「たけ山」に寄りました。


VANTECHパーツセンターに到着。


裏のカバーを開けてノズルなどをチェック、清掃。


その後、ガスで1時間ほど冷やしたところ、15℃くらいに冷えました。
ACも試して、なんとかなりそうということで、当面これで様子を見ることにしました。

ついでに、ガソリンハッチ用のツイストロックやオーニングのエンドキャップ(なぜかどこかで取れてなくなっていた)を購入。


おまけに先の片貝ツアーから取り付けたゴミトン。
改造・メンテ | 投稿者 雷 22:54 | コメント(7)| トラックバック(0)

LED化完了

ダウンライトスポットライトに続き、全ての電球をLED化すべくいろいろと検討していたところ、ネットで全てのライトに対応するLEDや変換コネクタを取りそろえている店を発見!

まず、天井のメイン照明。
標準では、ハロゲンのG4コネクタで10W球が2個ついて居ます。


これを白色24LEDに換装!変換コネクタや両面テープも付いていたので、交換は一瞬!


点灯!蛍光灯のような白色と明るさですね。これならバッテリーを気にせず夜点けておけますな。


キッチンの換気扇用の照明もハロゲンのダイクロ球×2。
これも白色LED12球に切り替え。


料理には十分な明るさです。


そしてトイレ&シャワールーム。標準はS球。
#間違ってW球オーダーしてしまいましたが、郵送料のみで交換してもらえました。


ウィンカー用などの球たので、かなりグロテスクな感じですが、カバーすれば問題なし。


かなり明るめ。


ついでに、天井のファンの部分、明け方の光でバンクベッドが明るすぎるので、カバーを作成。
100円ショップのアルミレジャーシートをカットして、四隅にフックを取り付け。



とりつけたところ。サイズはぴったり。(カットしたのだからあたりまえ)


朝。アルミなのに光が漏れてら。。旅の朝は少しは早起きしようってことで(汗



これまでのLED数まとめると、

■ダウンライト 4箇所×6LED = 24LED
■スポットライト 3箇所×18LED = 54LED
■天井ライト 2口×24LED = 48LED
■キッチンライト 2口×12LED = 24LED
■トイレライト 1口×23LED = 23LED
--------------------
■合計               173LED

いかに省電力のLEDでもこんだけ点けるとバッテリー持たんでしょうな。。
改造・メンテ | 投稿者 雷 10:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

暑さ対策:屋上断熱塗装

さて、毎日酷暑日の連続の夏本番。
九州ツアーを前に、暑さ対策をいろいろと探っていましたが、他のキャンピングカーでもいくつか事例のある屋上の断熱塗装をしてみることに。
発電機とエアコンがあれば完璧なんでしょうけど、出費を避けたいのと、置き場所が無いので。

今回試すことにしたスーパーサーム。主に太陽光の熱を反射し、外気温以上に暑くならないというのが特長。
スペースシャトルの断熱にも使われているそうです。(ほんとかね?)


まずは屋上を水洗い。
ブラシやコンパウンドスポンジで磨いて、養生&マスキング。

いよいよ塗装開始。
かなり粘るので水で若干希釈してから使ってみました。
二度塗りしようとしているので、一度目は中毛ローラーで。
ZILのバンクベッドから先の屋上はFRPがペコペコなので、折れないように注意しながら先端のほうから塗り進みます。
ZILはアイボリー色ですが、スーパーサームは純白。
まぁ、上から見ない限りはわからないのでよしとします。

初めてローラー塗装なんてやったのですが、FRPの平滑な表面に比べてかなりザラザラな感じになります。汚れの付着や洗車が大変そうです。。
が、後には引けないのでとりあえず全部塗りました。


とりあえず、一度塗り完了。
乾燥を待って二度塗りに入ろうと思いましたが、雲行きが怪しいことに。
塗装中や直後に雨が降ったら最悪なので、二度塗りはまた来週以降にやることにしました。

改造・メンテ | 投稿者 雷 21:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

LPガスボンベ

8月後半、初の長距離ツアーで九州に向かうので、そのための準備をいろいろと考え始めています。
ツアー中調達が難しそうなものとしてLPガスがあります。
これはキャンピングカーのガイドブックを執筆されている町田さんのブログでも取り上げられておりますが、経産省の安全規制強化から来る物のようです。

すぐ近所のガス屋さんでもちょっと前までは「いいよ~」などと軽く請け合ってくれてましたが、最近行ったら「持ち込みは受け付けていません」と事務的に突っぱねられました。
そっからは電話帳を当たりまくってやっとOKしてくれたのは大手ガス卸のガス充填所。
隣の市なので距離もありますが、しかたありません。
しかも充填は平日だけなので、会社の半休を取って行ってきました。

埼玉ではラジオCMで結構メジャーな「ガスワン」本社。


巨大な充填所でキャンカーのミニボンベを扱うのはちょっと面倒そうですね。


ガスワン、ありがたし!

ですが、ボンベ1本だと長距離だとちょっと不安です。
もう1本欲しい。
普通の鉄ボンベだと重いので、できれば軽いのがいい。
ググってみると、アルミのLPGボンベがあるようですが、どうやら強度上の問題で製造中止になっている様子。ざんねーん!

後は町田さんのブログや、Auto Camper7月号にも予告のあったFRPボンベに期待ですね。

Auto Camper7月号にあった開発中のボンベ。
ガスボンベに見えない斬新なデザイン。(牛乳タンクみたい?)
改造・メンテ | 投稿者 雷 11:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

冷やす対策

キャンカーに乗り始めて初めての夏を迎える。

夏が来るまでは、「これで海水浴に行ったり、夏休みに九州でも行ける」といいことばかりイメージしていたのだけれど、いざ暑いシーズンがやってくると問題になってきたのは「暑さ」。
暑いときには冷たい物でも、とキャンカーならではの冷蔵庫のありがたみを実感!したいと思っていたのだが、これまた「冷えない」。

暑さの方は、炎天下に放置しても普通車のように「生きてられない暑さ」ではないが、生活には耐えられない暑さ。
まずは走行中の運転席連動リアエアコンの風の周りを良くし、夜の停泊でも涼めるように扇風機を調達しました。
近所のホームセンターで物色しましたが、気軽なクリップ型とかありますが風力弱すぎ、場所を取らない角形スリムなファンもまだ弱い。
ふと見ると「サーキュレーター」なるものがあり、20cmの小さめな羽ながら結構強力な風が来てるではないですか。本来はエアコンの冷気を撹拌するためのものらしいですが、首も振るしOKOK。ただし、音がかなりうるさめ。消費電力が強でも32WなのでソーラーでまかなえるのがGood。

エンジン停めてても快適に過ごすには発電機+エアコンが理想なんでしょうけど、夏は涼しいところに行くしかないですね。


次に、冷えない冷蔵庫対策。
バッテリー、AC100V、LPガスの3Wayが使えますが、一番冷えるはずのガスでもほとんど冷えない。冷凍室が冷蔵庫くらいになるだけです。

↓冷えない冷蔵庫。当然カラ。


車の後ろ側から通風口を外して多少掃除なぞしてみましたが、これでダメなら修理に出すしか無さそうです。


こんな状態で夏休み九州ツアー行けるのだろうか。
涼しい北海道に急遽方向転換しようかなぁ。
改造・メンテ | 投稿者 雷 22:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

ナイトクロック

室内LED化の際にいただいたLED、常夜灯として天井のメイン照明に入れようとしましたが、常夜灯にしてはちょっと明るめだったので、無理矢理壁掛け時計に突っ込みました。
時計の裏蓋を開けて、適当な隙間に3連LEDを両面テープで固定し、
棚下のスポットから分岐して接続しただけ。

LEDはリーク電流程度なので、サブの電源Onで点灯しっぱなしです。
夜中に時間もわかるので一石二鳥。



改造・メンテ | 投稿者 雷 19:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

タイヤ交換

今日、オークションで仕入れたタイヤとアルミを装着しました。

安全のための交換なので、見栄えは気にせず、標準の穴あきナットのままで、センターカバーも付けていません。

■フロント


■リア


ついでに、先日の続きでダウンライトのLED交換をしました。
電極の+-計って両面でとりつけるだけなので、非常に簡単!
しかも、このダウンライトは通常の白色LEDでなく、電球色。いい感じです。

■取り付けたところ。6連の薄型LED。


■すこし黄色みがかった光がGood!
改造・メンテ | 投稿者 雷 21:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

レカロ エルゴメド装着

カムロードの標準シートは所詮近距離運送用トラックのものなので、ちょっとした旅行に行くにもかなり首が懲ります。

そんなわけで、レカロでも「腰によい」とされるエルゴメドという種類をヤフオクでゲット。3万円ちょっと。
シートレールも付いてきましたが、車種が違うので全くNG。
取り急ぎはいつものホームセンターに行ってUボルト用プレートやネジ、ナットで調整し装着してみました。


さすが高いシートだけあって(オークションではそれほどでもないですが)サポート感はばっちりです。
標準シートよりも窓側にオフセットされてしまいますが、運転には支障ないようです。
ドアを閉めるときに右もも部分のシートがドアに若干干渉してますが、、(汗

ただ、おそらくこのままでは車検に通りそうもないので、いずれレールを発注しようかと思っています。ついでにアームレストも欲しい!


あと、念願のドリンクホルダー、2コ498円のものを吸盤タイプに改造してとりつけました。

改造・メンテ | 投稿者 雷 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

漏るにもほどがある

屋上の収納BOX、前から中に水が染み出していることは気づいていたが、昨日見たら風呂状態!!
しかも段ボールが溶けてるし。



来週は緊急修繕決定。
さてどうやったもんか。。
改造・メンテ | 投稿者 雷 08:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

晩酌対策

キャンピングカー(ZIL)には、寝る場所として運転席上のバンクベッド(3人くらい)と、ダイネット(リビング部分)をベッド展開する場所(3人ほど)の2カ所があります。
バンクベッドは標準だと上りにくいハシゴ、寝相が悪いと落ちそうな低い柵ということで子供が寝たがりません。
そうすると子供が早くダイネットで寝てしまい、チチは早々にバンクベッドに追いやられてしまいます。

なんとか子供を上に寝せて、各地の酒で晩酌を楽しめる時間を確保すべく、環境改善開始。

まずはハシゴ。
標準はこんな感じ。


ヤフオクで新品の二段ベッド用ハシゴの余剰品を1円でゲット(送料1800円[汗])


ちょうどいい長さにカットして、試し登り。バッチリOKなようです。


次いで、ベッド展開時に不要になるバックレストを落下防止柵として再利用。
これは、ZILユーザの方のマネですが。
ちょうどホームセンターで木目調の10mm径軸受けをみつけました。


仕上げは、子供が上に寝た後、下で宴会&すぐ寝れるよう、テーブルをちゃぶ台化。



夜モード展開全景。


早速土曜夕方から出かけよう、と思いましたが、子供の調子が今一で延期。残念。
#なんとなく、今後は下はベッドモードのままになる気もしますが。

また次回のお楽しみ、ということで。
改造・メンテ | 投稿者 雷 19:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

メインバッテリー交換

今週末は土日休出。

そんなさなか、先週の点検で発覚したメインバッテリーのへたり対応のため、至急ヤフオクでバッテリーを購入しました。
業務用、格安の品、8200円。



で、早速再度ハッチを開けて取り付けようとしたところ、これが結構大変[:汗:]
メンテナンス用の扉はバッテリーを出し入れする広さがなく、仕方ないのでボトルジャッキで持ち上げて、車体下を上→横→下と移動して旧バッテリーを何とか取り外しました。
設置はその逆でなんとかかんとか。

【新バッテリーをジャッキアップしたところ】


【ついでに、先日取り付けたキッチン用ゴミ袋ホルダー】
改造・メンテ | 投稿者 雷 00:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

ソーラーパネル取付け

今日はキャンピングカーの屋上にソーラーパネルを取付けました。

購入したのはコスガ機工の70Wセット。
○ソーラーパネル(NE-70A1T)シャープ製1枚
○チャージコントローラー(SHS6)モーニングスター社製1個
○ソーラーパネル取付金具Z型、アルミ製全長530㎜(ステンボルトナット付)2本1組
○配線ケーブル(CV線3,5スケア2芯)圧着端子2個付10m
○ソーラー取付材料(ステントラスタッピング4×16、6㎜ステンボルトナット1組、アルミリベットNA5-4分及び
シーリング材シーカフレックス227型2本


駐車場が自宅から少し離れて電源が取れないので、急遽Tom宅を訪問し、車庫前の路上で作業開始。
まずは室内配線から。
屋根に大きめのボックスを積んでいるので、設置場所はバンク上換気扇のすぐ後ろに限られています。
そのため、配線はバンク用カーテンレール上の隙間から通すことにしました。

まずは、カーテンレール上のパネルをはずします。


そこからのぞくと何本かのケーブルやアンテナが埋め込まれている様子が見えます。



その隙間から3.5φ2芯の太いケーブルを他のケーブルに沿わせて差し込みなんとかバンク下まで通そうとしますが、途中のコーナーあたりで引っかかってしまいます。
仕方がないので、もう少し手前から通すと、あっさり貫通!


貫通した小指ほどの太さのケーブル。


テレビケーブルが出ている部分のパネルを直角につながったサイドの化粧板とともにはずします。
そうすると上から出てきたケーブルを比較的楽に下まで通すことができました。


そこからサイドシート下のサブバッテリーのところにケーブルを引くのが結構苦労しました[:汗:]
すでに貫通した電源ケーブルに被覆を剥いて細くした3.5φケーブルをビニールテープで巻き付けて一緒に引いたところなんとか貫通。


さて、お次は本題の屋根へのソーラー装着。


Z金具を固定し、取付を待つソーラー。


まずは天井に穴明け。
タッピングビス用とブラインドリベット用をそれぞれ8ずつ、さらに、3.5φ2芯用に12mmの穴を貫通。
自分の車の屋根を穴だらけにするのはなんだか気が引けます。。
太いケーブルを屋根に通しソーラーのと接続。

取付場所がかまぼこ形にRが着いている場所なのでZ型金具の両端が浮いてしまいます。
仕方がないので、3mmほどの針金を輪っかにしてワッシャー代わりにしました。
そこにコーキングをたっぷり載せて位置合わせしたソーラーを上から押さえつけ。


ところが押さえつけてコーキングがはみ出る勢いでワッシャーが押し出されてしまいました[:しくしく:]
しかも金具が浮いているため添付品のブラインドリベットが長さが足りず、急遽太長目のタッピングビスで代用。
強度は大丈夫だろうか。。
深いことは気にせず、なんとか押し込んでネジ止め完了。
もうすっかり夜。


最後に室内に引き込んだケーブルにチャージコントローラーをかませバッテリーに接続して何とか作業完了!
あとは平日の太陽で充電がされるか確認するのみ。


Tom、まる1日作業Help非常に助かった!(工具類も)
ということで、近々キャンプorスキーにでも行こう!
改造・メンテ | 投稿者 雷 01:20 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
ホビダス[趣味の総合サイト]